読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akaiyakijakeの日記

ライブレポを自由気ままに書いていきます。

2016.4.17.sun 東京アコースティック百景 @新木場STUDIO COAST

(※総さん中心のレポになります)

 

開場時間を過ぎて新木場に着いたので、物凄い風の中を早足で歩いた。

が、指定席だったので関係なかった・・忘れてた笑。

席はブロックとしてはステージのかなり右端だったけど、番号は早かったので2列目だった。

会場に入るとすでにオープニングアクト、沖ちづるのステージが始まってた。

真っ赤なワンピースで、力強い印象。

 

そして開演時間になり、幕が開くと、、トップバッターはなんと山崎まさよし

トリかと思ってた!!

というのは全会一致だったようで会場はどよめき。

山崎まさよしは、あんまり知らないながら周りに好きな人が多くてよく聴いてて、案の定知ってる曲もちらほらあった("Englishman in NY"とか"ツバメ"とか"セロリ"とか)。

譜面台で隠れて手元がよく見えなかったのはちょっと残念だったけど、心地よく聴き入ってしまった。

 

続いたのはMrs.GREEN APPLEの大森元貴。

なんというか、そのへんのサークルとかで歌ってそうなフレッシュさだった。

MCからはとにかく緊張してるのが伝わってきて、客席のあちらこちらから「可愛い笑」という声が聞こえた笑。

ミセスは数曲聴いたことがあるぐらいで、弾き語りのイメージもなかったけど、ポップな曲とパワフルな歌声ですごく楽しめた。

 

3人目はきのこ帝国佐藤千亜妃

本日2番目に楽しみにしてたステージ。

ポニーテールに黄色いニットという出で立ちで登場した瞬間から好き!!って思った。()

抱えたギターは大きく見えたけど、堂々とした姿が印象的だった。

"東京"はほんとに名曲ですね。。

また弾き語りで聴きたいと思った。

 

3人のステージが終わった。 

ということは、トリは我らが山内総一郎!!(何様)

ジャケット姿でキメて登場し、「どうも〜フジファブリックの山内総一郎です!」と言いつつ左右交互にヘコヘコお辞儀する勢いでクネクネしてた。

あざとい。

そして歌った1曲目は"ブルー"。

サビで声が伸びるところはいつもゾワッとなる。

今日もすごく綺麗に伸びていて、ゾワッとなった。

総「あっさっき言い忘れたんですけど、僕はフジファブリックというバンドをやってる山内総一郎といいます」

・・・、それさっきも言ってたよね・・・・と思ったら会場全体も「?」って感じになってた笑。

総「普段はバンドで愉快な仲間たちと一緒に音楽やってます(笑)。今日は短い時間なんですが、まあ自由な感じでやらせていただこうと思います」

そして曲に入ろうとするも、「えっと、なんだっけ、、」と水やら譜面やらをいじってはあたふたしてた(しかもこれ何回かやってた)。

続いたイントロ、原曲とだいぶ違ってるようでサボテンレコード、、?とか思ったけどわからず、始まったのはなんと"桜の季節"!!

アコースティックバージョン渋い!!

かっこいい!!!

赤い照明もあいまって、情景が浮かび上がっているようだった。

弾き語りだからか歌詞の独特さも浮き彫りになってるように感じた。

とにかくかっこよくて、聴き入ってしまった、、!

総「今日は東京アコース☆※●△(噛む)、(自分の頬を叩く)、東京アコースティック百景ということで、音楽と人のイベントなんですけど、僕らもずっとお世話になってる樋口さんっていうね、髪もじゃもじゃの(笑)。その、音楽と人のライブに出させていただけて嬉しいです。音楽と人って、よく話題になるのが"おんひと"って略すか"おとひと"って略すかってことなんですけど、・・あ、そうでもない?(笑) 僕らはわりと"おんひと"って言うんですけどね」

へぇ・・わたしは"おとひと"って言ってたわ・・・うん。笑

通常運転のMCに続いたのは"LIFE"!

弾き語りバージョンでゆったりめ。

間奏ではフレーズを口ずさみながら弾くあれをやり、今回なんと「あ〜疲れた〜!あはは!」と演奏中断笑。

ほんとに自由、だけどお客さんも巻き込んで楽しんでる感じはさすがだなと思った。

曲の締めにはピョコッて跳ねてた。

あざとい。

総「最近は日本でも世界でも、いろいろなことが起きますけど、どこにいてもこの想いが届くといいなと思っています」

熊本地震やテロをふまえた言葉かな、、こういう言葉を総さんの口から聞くことってなかったからずしっときた。

そして"若者のすべて"のイントロ、コードだけで伝わる説得力。

虹色の照明が印象的だった。

総さんの力強い歌い方がきわだつ曲だとも思う。

最後の曲は"虹"。

イントロのカッティングがきた瞬間客席がソワソワしだす。

そのうち手拍子が鳴り響くと、「そういうの、嬉しい!」と言ってまた演奏を止める笑。

この曲も弾き語りだとサビで声がのびやかに響くのが気持ちいい。

そして空を持ち上げるところでは、お客さんに合わせて総さんも空を持ち上げ、またもや演奏中断。

あ、2番では「グライダー」って言っちゃってムニャムニャしてた笑。

そして、待ちに待ったアウトロ!

総さんはステージ前方まできて、恒例のギターソロを披露した。

アンプの位置の関係かこちら側までは来てくれなかったのはちょっと残念だった、、けど近くであのギターを観られて興奮した、、!

途中、あれ?聞き覚えあるフレーズが・・と思ったら、まさよしさんのセロリが挟まった笑。

サビを歌い、まさよしさんの歌い回しをまねて締めると、また虹へ!

これでもかと会場を盛り上げて自由気ままなステージを終えると、謎の小走りではけていった。

最後まで可愛かった。

 

トリの総さんが終わると、最後に全員でセッション。

左から総さん、まさよしさん、大森さん、佐藤さんの順に並び、まさよしさんが改めて一人一人紹介した。

登場するとき、総さんとまさよしさんがお互いにジャジャーン!てやってて可愛かった(お互いに両手を広げてジャジャーン!って、伝われ)。

ま「俺セロリ最後歌って、山内くんまたセロリ歌ってくれたのはあれでしょ、サブリミナル効果狙ったでしょ」

総「・・・・あっ、はいそうですね!」(←おそらくサブリミナル効果の意味をわかっていない)

ま「サブリミナル効果で合ってますよね?(笑)みんなきっとセロリ食べたくなったよ」

そして4人で歌われたのは"デイ・ドリーム・ビリーバー"、日本語バージョンで。

GACHIスペシャルを思い出した。

歌い出しは総さんでした。

佐藤さんが目の前でタンバリン叩いてて可愛かった、、笑

個人的に贅沢なセッションだったな。。

すごくよかった。

曲が終わり、一夜限りのライブも終わった。

 

個人的には2度目のソロ一郎だったんだけど、より 生 感のある総さんの歌とギターを聴けるという点で、やっぱり観にいくべきだと思うし、これからも機会があれば足を運ぼうと思った。

そして、はやくまたバンドのフジファブリックも観たくなる。

 

↓セトリ↓

山崎まさよし

1. Passage

2. 名前のない鳥

3. Englishman in NY

4. 花火

5. ツバメ

6. セロリ

 

〈大森元貴〉

1. 愛情と矛先

2. 慶びの種

3. 我逢人

4. HeLLo

5. デアイウタ

 

佐藤千亜妃

1. 疾走

2. 夜が明けたら

3. 傘をなくして

4. ふたりでPARISへ行こう(山崎まさよしカバー)

5. 東京

6. クライベイビー

 

〈山内総一郎〉

1. ブルー

2. 桜の季節

3. LIFE

4. 若者のすべて

5. 虹